マンション管理会社のサービスを利用する~カイテキな環境を維持~

不動産

売却の考え

内観

高く売れるのは繁忙期

マンション売却では、なるべく相場よりも高く売れるようにするポイントがあります。まず購入した時の図面やパンフレット、契約書、重要説明事項などの書類、固定資産税納付書などを用意することです。これらの書類があると、査定にも良い効果があります。自動車を売却する時の車検証のようなものです。またマンション売却には適している時期というのがあります。不動産取引には繁忙期と閑散期がはっきりとわかれており、繁忙期に売りに出した方が高く売れるのです。例えば春先の1月から3月は大学の新入生や新入社員が部屋探しをするので不動産取引も活発になります。それだけ需要が増えるので、マンション売却も有利になります。また今後は少子化によりマンションの供給過多になると思われるので、デザイナーズマンションのような個性的な物件が売れるようになります。

ネットの査定サイトを利用

マンション売却で必要なことは相場を知るということです。不動産業者に仲介してもらうためにも、あらかじめ自分のマンションがどのくらいの値段で取引されているのか、おおよその相場を知っておく必要があるのです。不動産業者はなるべく早く売るために、相場よりも安い値段で売り出す傾向があります。相場を知っておかないと、不動産業者任せになって相場よりも安く売られてしまいます。インターネット上には相場を知るための人気サイトがあります。不動産売買の無料査定サイトです。無料で査定してもらえるので人気があります。そのサイトで自分のマンションを査定に出すのです。すると複数の不動産業者から査定結果がメールで届きますから、それを見れば大体の相場がわかります。相場がわかれば、仲介する不動産業者と値付けの交渉ができるのです。